マヌカハニーの特徴

マヌカハニーはどれがいいの?選ぶ時に重要な3つのポイント

更新日:

マヌカハニーの選び方

マヌカハニーを購入しようと思った場合、どういったマヌカハニーを選んだらいいのか、迷う人も多いのではないでしょうか?

 
■いろんなブランドやメーカーがあるが、どこがおすすめ?

■産地はどこがいいの?

■瓶にUMFやMGOって書いてあるけれどもなに?

■商品によって価格はかなり違うけれども、どれを買えばいいの?

■自分に合ったマヌカハニーの選び方がよくわからない?

などといったようなことが、主な理由だと思います。

 
マヌカハニーは高額なので、できるだけ失敗しない選び方をしたほうがいいです。

今回は、マヌカハニーを選ぶときに重要な3つのポイントを紹介しますので、参考にしてくださいね。

マヌカハニーはどれがいいの?選ぶ時に重要な3つのポイント

①原産国がニュージーランドかどうか?

ニュージーランドのマヌカハニー

マヌカハニーは、ニュージーランド原産の、マヌカの木の花から採れる最高級品のハチミツであり、高い抗菌力を持つ食品です。

マヌカの木は、ニュージーランド固有の植物なので、ニュージーランド以外でマヌカハニーが作られることは基本的にありません。

ニュージーランドでしか生産されていないので、できる量は限られています。

 
マヌカハニーの年間の生産量は約1700tですが、現在、世界で消費されているマヌカハニーは約10000t。

流通しているおよそ8割以上のマヌカハニーにおいては、本物のマヌカハニーではなく、偽装している可能性があります。

テル
実際、2013年にイギリスで行われた調査によると、イギリスで売られている約50%のマヌカハニーに数値の偽装が確認されています。

 
ニュージーランドの、豊かな土壌や気候によって育ったマヌカ以外から作られたマヌカハニーは、本来の成分と違っている可能性があります。

効果や効能において、期待できないようなマヌカハニーなのかもしれません。

なので、原産国がニュージーランドかどうかを確認してから購入する必要があります。

ハッチ
原産国がニュージーランド以外の商品は買わないほうがいいよ
スポンサードリンク

②UMFやMGO・MGS(MG)の表記があるかどうか?

高額なマヌカハニー

マヌカハニーが入った瓶のラベルに、UMFやMGO・MGS(MG)といった表記があります。

これらは、マヌカハニーの品質(抗菌力)を検査した認証規格であり、信頼出来るものです。

テル
UMFやMGO・MGS(MG)は、マヌカハニーが本物と証明された証拠になるので、この表記があるものを購入することをおすすめします

 
このUMFやMGO・MGS(MG)といった表記がなく、「NPA」・「TA」・「Active」などといったような表記がされている場合もあります。

これらは、マヌカハニーを販売している会社や団体が、独自の検査方法で定めた規格。

いろいろあってわかりづらいので、購入する場合には、一般的に出回っていて判断しやすい、UMFかMGOが表記されているものを選ぶといいです。

テル
日本語でわかりやすく書いてほしいですね

 
また、これらの表記がないものに関しては、マヌカハニーではあるものの、抗菌力は低いと考えたほうがいいでしょう。

UMFやMGOについての記事はこちら

関連記事
マヌカハニーに関する疑問
マヌカハニーのUMFやMGOってなに?意味や違いとは?

マヌカハニーは、マヌカの木から採れるはちみつの最高級品。 美容や健康維持に対する効果が期待できるため、さまざまなメーカーから商品が販売されていて、とても人気があります。   販売されている瓶 ...

続きを見る

③自分に合った抗菌力のグレードを選ぶ

マヌカハニーの抗菌力のグレード
マヌカハニーに表記されているUMFやMGOの後ろには5+や100+などが書かれています。

これらは、UMFやMGOにおける抗菌力のグレードを数値で表したもの。

この抗菌力のグレードの違いが、2000円~10000円を超える値段の差になっているのです。

 
こちらに、マヌカハニーの数値別比較表を記載しました。

UMFの数値 MGOの数値 おすすめな人
UMF5+ MGO83+ お手軽にマヌカハニーを試してみたい
UMF10+ MGO263+ 日々の健康維持にご利用したい
UMF12+ MGO356+ 健康活性力の効果を実感したい
UMF15+ MGO514+ 日々の体調管理や風邪予防対策
UMF18+ MGO696+ 健康や美容にしっかり取り組みたい
UMF20+ MGO829+ 胃腸が弱く、消化作用に役立つ抗菌パワーが必要
UMF23+ MGO1046+ 非常に高い抗菌パワーを発揮、高い効果を求めている
UMF25+ MGO1200+ 最高レベルの抗菌パワーを発揮、高い効果を求めている

参照:マヌカハニー専門店『BeeMe』 マヌカハニー UMF数値別比較表

 
抗菌力のグレードにおいては、さまざまな数値がありますが、具体的には3つのタイプにわかれます。

①マヌカハニーのUMF5+・MGO83+~263+未満は日常的に使用する人向け

UMF5+・MGO83+~263+未満は、いつもの料理に使ったり、砂糖の代わりに使用してダイエットしたいと思っている人などに向いています。

マヌカハニーをはじめて購入する人は、これらの数値が記載されているものを選ぶといいです。

②マヌカハニーのUMF10+~18+・MGO263+~696+未満は健康維持に使用する人向け

UMF10+~18+・MGO263+~696+未満は、体質の改善や健康維持など、ある程度の効果を期待している人に向いています。

マヌカハニーの効果を実感して、日々の健康管理に役立てたいという人におすすめ。

③マヌカハニーのUMF18+・MGO696+以上はメディカル用に使用する人向け

UMF18+以上・MGO696+以上ともなると、マヌカハニーのもつ抗菌力を最大限に活用したい人に向いています。

他のマヌカハニーでは満足できない人や、最高級品を使いたい人におすすめ。

テル
マヌカハニーを選ぶ場合、使い方がこの3つのうちどれに当てはまるのか? を考えたほうがいいです

品質証明書はあったほうがいいの?

マリリ品質証明書(裏)

マヌカハニーの販売店においては、品質証明書を発行しているところもあります。

この証明書は、マヌカハニーに関してしっかりとした検査が行われた証拠。

テル
マヌカハニーの品質を保証してくれるので、証明書はあったほうがいいと思います

 
品質証明書は、基本的には英語ですし、発行しているところによって内容が違います。

わたしが購入したマヌカハニーの品質証明書には、主に以下のようなことが書かれています。

  • どこが発行しているか
  • バッチナンバー(マヌカハニーが製造された状態がわかる番号)
  • UMFのグレード(抗菌力のグレードを数値表示したもの)
  • MGS(マヌカハニーの持つ健康活性力を、フェノール液と比較して数値表示したもの)
  • Methylglyoxal(メチルグリオキサールの含有量を数値表示したもの)

いろいろな項目があるのですが、重要なのはMethylglyoxal(メチルグリオキサールの含有量を数値表示したもの)

このメチルグリオキサールの数値によって、抗菌力のグレードがわかります。

ハッチ
品質証明書があると安心できるよね

さいごに

今回は、マヌカハニーを選ぶ時に重要な3つのポイントを紹介しました。

この3つのポイントを理解し、あなたに合ったマヌカハニーを選ぶことがとても重要になります。

 
また、マヌカハニーを購入しようと思った場合、高級スーパーやデパートよりも、マヌカハニー専門店をおすすめします。

 
専門的に販売しているところでは、産地や抗菌力は正しく表示していますし、品質証明書を発行しているところも多い。

何かわからないことがあった場合、質問に対して的確に答えてもらえます。

しかも、通販だと自宅に直接届くので、手間が省けますよ。

マヌカハニー専門店についてはこちらの記事

マヌカハニーショップ
マヌカハニーの専門店はどこがいい?おすすめ人気ランキング

マヌカハニーは、現在、高級スーパーやデパート・通販など、さまざまな場所で販売されています。 販売しているショップによって、値段や品ぞろえなどはかなり違うので、はじめて購入する方などは、「どこで買えばい ...

続きを見る

スポンサードリンク

マヌカハニーの通販!おすすめ人気ランキング【10選】

▼▼▼ 詳細はコチラ ▼▼▼
  マヌカハニーおすすめランキング

Copyright© マヌカハニーの効果と効能!おすすめの食べ方をご紹介 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.